電気とガスの給湯器の違い

MENU

電気とガスの給湯器の違いについて

給湯器には「ガス給湯器」と「電気給湯器」の2種類があります。どちらを選択して使用するかの基準となるものとして、設置時の導入費用、維持費としてのランニングコストなどの観点が考えられます。最初の「ガス給湯器」の一番の特徴としては「瞬間式」となっているため必要な時に、必要な分量のお湯がタイムリーに使用できるので、急なお客様などで、お風呂のお湯が必要になっても心配が要りません。また、お湯を使う場所が数か所あっても、同時にお湯を使うことができます。そして、最新のガス給湯器では、今まで、排気熱として捨てられていた、熱エネルギーを上手に使って水を温めることができるので、従来よりも少ないガス量で効率よくお湯を作ることができます。また「電気給湯器」の方としては、作ったお湯を一旦貯めて、これを保存して使うという仕組みとなっています。したがって、電気料金の安い深夜の時間帯を有効活用してお湯を作ることができます。この点から考えると、現代におけるエコ時代の先端を行くエコ給湯器と言えます。しかし、使うお湯の量は制限されますので、「お湯切れ」の不安が気になります。特に、不意の宿泊のお客様などをもてなす場合等は、早めの準備への配慮が必要です。